塩加減いかが?

自分のイイ塩梅を求めて〜気ままな忘備録

違和感の覚え書き

同世代の価値観があまりに保守的だとびっくりする。

若い頃は古風な考えって括りで受け入れられていたことも、

時を経て大人になった今、

同じ感覚で"古風な"考えを口にされてもそれは若さがなくなった分、

「若いのにしっかりしてる」というより

「しっかり大人になった=OJNになった」固さ古さに仕分けられないか?

 

あら、お粗末だわって思った。

守られた中で小さな頃から仕事をしてきて、

同じような環境の子たちのように擦れることもなく、

周りの大人たちには結構恵まれていると端から見て思っていたのに。

世の流れを全く感じないほど固まった価値観披露なんて…!

こんなに多様化しちゃってるのに!

しかもその多様化を担っていると思ってたのに。

独自の世界観を確立したように見えてそれは単なるポーズでしかないっていうことなのかな?残念。

ファッションなのね、きっと。

思想もアートも。

本来の自分から出ているものではなくて、なにか外側のことを意識したパフォーマンスなんだね。

見抜けなかった自分よ、出直せ。

 

・家事がキツいからもう嫁をもらいたい

・嫁に(家事と家のこと)やってほしい

・仕事で忙しい自分の代わりに母の様子を見ててほしい

etc

 

これらの言葉が、女性という存在に対してそして妻・母という存在に対して

尊重のかけらもない発言っていうことに気付いていない時点でアウトかな?

(女性という存在が好きではないのかな?とも思うけど。ちょっとヘイト感じる…w)

もし本気でこういった人材を求めているのならそれは「身体が女性」の人ではなく、

「家事」「介護」のプロを探した方がよろしいかと。

なぜそれを「嫁」という役割の人にやってもらいたいのかしら?

強いては「おかあさん」のような愛情で自分を可愛がって愛してほしいのかしら?

 

「母」の愛と「他人」の愛は完全に別ものだよ。

おんなもおとこも、この地球上の生き物は「ママとママじゃないヤツ」っていう認識で生きているんだよ。無意識下で!

「ママ」の代わりはないのじゃ。残念ながら。どこにも。

それ混同して40近くまできてるんだとしたら…こわい…!

そりゃおつきあいもむずかしいことでしょう…。

全て「母の愛」が基準なんだもの…。

 

 

妻って自分の分身でもないし、ましてや使用人でもないんだよね。

これ当たり前だって思ってたんだけど違うのかな?

あ、そういう扱いを望んでる人もいるのかもしれないのか。

破れ鍋に綴じ蓋…

何かの代わりに夫の手となり脚となって家を切り盛りし、

家のこと夫の世話子供の世話を生き甲斐とし、

自分の人生ではなく何かの役割、誰かのためを生きることを選択する人。

それがおんなです!っていう人もいるのか?

そういう価値観てとっくに滅亡したと思ってたんだけど。

人のふんどしで相撲を取れる時代は終了してます。

自分のふんどしを締めて相撲とる!

立場がどうであろうと「自分」の人生は「自分」のもの。

役割が増えるだけで中身は変わらず「私」だよ。

 

 

 

 

ここ数ヶ月で自分の中の何かが変わってしまってのぅ…

ごまかしがきかんというか…

今までかなりの色眼鏡で見てきたんだって思ったですよ。

それがもう、効力なくて。

何十年と見てきたものがいきなり色褪せてしまった。

そんな自分にショックなんだけどね。

自分を粗末にしすぎて。

だって、色褪せてたはずだもの。

それをごまかし続けてきたのは彼らでなく自分。

惰性というださい感覚で。

 

違和感が

湧いてきたなら

無視すんな