塩加減いかが?

自分のイイ塩梅を求めて〜気ままな忘備録

my favorite,your favorite

わたしにはわたしの好きなものがわかる。

でもあなたの好きなものは知らないし、わからない。

「あなた」が何に反応してときめいて好きなのか、「わたし」にはわからない。

 

だって「わたし」は「あなた」ではないから。

 

どれが似合うかなと聞かれても

「わたし」が思う「あなた」に「似合いそう」なものしか答えられない。

 

その中に「あなた」が反応するものがないなら、

その他で「あなた」が反応するものを「あなた自身」が探すしかないんだよ。

 

わたしはあなたの反応するものを知らない。

わたしはわたしが反応するものしか知らない。

 

自分の好き嫌いは自分の羅針盤の針にしか示せない。

そこに他人の羅針盤の針はいらない。